クラブ会長テーマ

喜んで! We Serve! We Smile!

クラブ会長:41期会長 白樫 忠昭


皆さん、こんにちは!令和元年7月より、和歌山中央ライオンズクラブ会長を、仰せつかりました、ライオン白樫です。
先ずは、前会長L金谷・幹事L太田阿希・会長L仙石 三役大変ご苦労様でした。
それから、FWT地区委員のL鈴木・CN40周年実行委員長L芝、というそれぞれの役職や理事の皆様、本当にご苦労様でした。これからもご指導よろしくお願いします。

次年度地区ガバナースローガンは「未来に繋ぐ汗と笑顔でWe Serve」で、私L白樫のテーマは「喜んで! We Serve! We Smile!」です。「喜んで!みんなが奉仕を行い、奉仕を受けた方も、奉仕をした人も、笑顔になる!」です。
<喜んで!>という言葉は、万能な言葉です。喜んでの言葉を、前後に添えるだけで、本人もまた、その言葉を聞いた人も、胸に心地よく、響きます。そして、「喜んで」は口に出さなくとも、心の中で思うだけでも、前向きになれます。私L白樫は、この前向きで、美しい言葉の力を胸に、笑顔で奉仕活動を続けたいと思います。どうか、この令和元年7月より1年間、ご指導ご鞭撻、宜しくお願いします。

私L白樫は、こう見えても真面目です。このクラブに入って8年間、例会はもちろん理事会も入れて欠席したのは1回だけです。小P連合会長をしている時に知り合えた、紀三井寺の住職の前田泰三さんに頼まれまして、紀三井寺の本堂の上に記念碑を建てるのに、階段を何回も石を担いで往復し、腰を痛めて欠席しただけと記憶しています。
昭和33年10月2日、白樫石材の3代目として生まれ、現在60歳です。昭和33年といえば、和歌山城の天守閣が復興したのも33年10月で、あのチキンラーメンが誕生したのも誕生したのも昭和33年です。また、東京タワーも昭和33年です。まだあります。オークワさんも60年、ミニクーパーも60年、このように高度成長期に生まれ、20年後、丸正百貨店催事場で、仏壇と墓石の展示会があり、そこで親父に、L佐倉を紹介してもらいました。その時は独身でまだ守る者がなく、やんちゃな私が27年前、平成4年、親父が60歳と4日で突然亡くなりました。
私は子育てをしながら、大おばあちゃんの面倒も看ながら、母親と妻に助けてもらい、なんとかつぶれずに頑張って参りました。数年後、借金をして工場と家を建て直したころ、L佐倉に、「そろそろ親父が入っていたライオンズクラブに入るか」と、2011年10月和歌山中央ライオンズクラブに入会させて頂きました。その時の三役は会長がL池田で、幹事がL島で、会計がL仙石でした。
ライオンズに入ったころは、異種業な社長さんや会長さん達ばかりで、一生懸命、会議や理事会後のアフターにご一緒させて頂き、ワインや夜のアロチ、色々社会勉強させて頂きましたが、レベルの違いに驚きました。しかし、今現在、私、しらかし石材は正月以外は連休をとりません。親父が亡くなってから27年間、必死のパッチで仕事をしてきました。今さら、この生活リズムを変える事は難しいです。ですから、ゴルフや夜のアロチもまだまだじゅうぶんにお付き合いは出来ません。最初に謝っておきます。すみませんm(_ _)m
また、この件は前にもお話ししましたが、ライオンズクラブのアクティビティに参加したくなる、やりがいのあるクラブにしたいと思いますので、なにとぞご指導・ご鞭撻よろしくお願いします。
喜んで!we serve!We smile!を胸に和歌山中央ライオンズクラブの為に頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。


令和元年7月 和歌山中央ライオンズクラブ会長 白樫忠昭